HAPPY-CHERRY-BLOSSOM!!

GRのCHERRY(ちぇり)とFCRのBLOSSOM(ちゃむ)と息子の颯志(颯)の3兄弟のハチャメチャ成長ぶりを記した、ちぇりちゃむママ。(颯母。)のブログです~☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちぇり、今日で四十九日を迎えました。

昨日はちぇりがお空に旅立ったお寺で四十九日法要を行なってもらい、そして今日は6本のひまわりと数十本のバラをちぇりに贈りました。
四十九日の贈り物

四十九日を迎えて、一つの節目として少し心の整理がつくかな・・・と思っていたけど、私はまだまだ時間がかかりそうです。四十九日が近くなると、なぜか不安感を抱くようにもなってて。。。
過ぎていく時間に気持ちが追いついていかなくて・・・心が戸惑って。。。
まだまだ、どうしようもなくちぇりに会いたくなって、ちぇりをギューッてしたくなって・・・

でもでも、笑っています元気です。
涙もまだまだイッパイ出ますが、ちぇりの大好きだった家族の笑顔と笑い声をちぇりに届けています

ちぇり、ありがとうずっと、ずーっと大好きだよ


先日、雨あがりのちぇりちゃむ地方に虹がかかりました
「ちぇり、あの虹渡ってるんだよ」って話すと、颯が「そうし、絵描く~!」と絵を描き始めてそして出来上がった絵が、
虹の橋1一枚の絵なのですが、
虹の橋2スキャン上半分ずつに。。。
これです   分かるかな???
家族みんなで虹の橋を渡ってる絵を描いてくれたんです

赤色のカラーをしてるのがちぇりで、黄色のカラーをしてるのがちゃむ。
そして、ちぇりちゃむのリードを持つ父。
その後ろを母と母が抱っこしてる竣が歩いて、その後ろを颯が歩いています。

そして、右上の雲の間で見守っていてくれてるのは神様。

決して上手いとは言えない絵ですが、我が家にとっては世界一宇宙一の絵です
スポンサーサイト
8月7日から1ヶ月。。。

あの日から1ヶ月。。。

8月7日の事がずっとずーーーっと前の事のような、夢だったような、でもついこの前の事のような不思議な感覚。

今日は、最期の日の事を何度も何度も思い出していました。

特に、病院の診察室でちぇり過ごした最後の大切な時間の事。

そして、その病院からの帰り道、私が運転する車の中で、ちぇりはどんな最期の時を迎えたのか。。。
それは、私の想像も加わり、でもその時の事は今もハッキリと覚えています。

そして、車を停めて扉を開けてちぇりの姿を見た時に聞いた、「スーーーッ」の音。
その音も今もシッカリ私の耳に心に残っています。
ヤッパリ空調なんかじゃない!!!そんな気がとてもとてもしています!!!!!

ちぇりは待っててくれたんだ!!!!!って。

今でも、「あの時こうしていられたら・・・」と思う事はまだまだ何度もあります。

でも、今ちぇりにイチバン伝えたいことは・・・やっぱり・・・

今までありがとう!!!そして、今も、これからもずっとずっとありがとう!!!

                          です(^^)

             ちぇり王子☆彡
今週は本当に激動の一週間でした。

まだ心の整理はつかず、涙が溢れてくる毎日ですが、少しずつちぇりの「命の証」を残せたらと思い、PCの前に座りました。

ちぇりの最期の時。

8月6日は一日通して落ち着いてる様子に見えました。
呼吸も落ち着いていて、水もシャワーからよく飲む事ができ、ヨーグルトもスプーンで一杯ペロペロとなめる事が出来ました。落ち着いている様子が嬉しい反面、どこか不安も感じていた私です。
その夜は、颯竣を寝かせてから、パパとママはちぇりちゃむと一緒に寝ました。
子どもが生まれてからはずっと別々で寝ていたので、本当に何年ぶりに。
夜中、何度か呼吸が苦しそうな様子。

そして、8月7日。
朝から呼吸は少し荒く、時々深く息を吐く様子も。
水も、大好きなシャワーからもあまり飲みたがらずに。
呼吸が荒いことは今までにもあったのですが、いつもと違う感じがして病院へ。
いつもは、診察券を一度出しに行って、家に戻り時間が近くなったら一緒に病院へ行くのですが、この日はなぜだか家に置いて行ってはいけない気がして、一緒に病院へ。
診察の順番が来るまでは、車で待っていて、無性に心配でちぇりの様子を何度も見てました。
そして、診察の順番が来て、診察を受け、先生からは「あと2~3日で」と告げられました。
飲み込む事も出来ない状態になっていて、水もストップ。
でも、最期の時が訪れるまで、ちぇりが少しでも楽に穏やかな気持ちで痛みも少なく過ごせるようにと、多めの点滴を痛み止めの注射をしてもらいました。
点滴をしてる十数分の間、先生のご配慮でちぇりの顔の目の前に座らせてもらい、ずっとずっとちぇりのマズルをなでていました。マズルをなでていたのは、私の手が点滴や診察の邪魔にならないようにと言う思いと、マズルをなでている時のちぇりの表情が大好きだったからもあります。
涙が止まらなくてずっと泣いてなでてた私でした。
そして、点滴を終え、先生が車までちぇりを運んでくださり、帰宅に。
病院から、昨年の12月まで暮らしていたアパートは車で1分程の距離で、アパートで暮らしている間、アパートの両隣さんにもちぇりの事をとても可愛がってもらっていたので、「あと2~3日で」と告げられ、これが最後になるかなと思い、家に帰る前にアパートの両隣の方にちぇりに会ってもらおうと寄ることにしました。
病院から1分程でアパートに到着して、両隣さんを呼びに行ってちぇりが乗る車の後ろのドアを開くと、既にちぇりのお腹は動いていませんでした。病院を出発して数分の事でした。
あまりに突然で、信じられず。その時に、スーッと言う音が聞こえたように感じたのですが、それがちぇりの最期の吐く息の音だったのか、ただ車の空調の音だったのかもハッキリ分からず。
でもその音が今でも忘れられません。

あまりに突然で、動揺してそのまま病院へ戻り、車に乗ったまま先生に確認してもらいました。
先生を待っている間、私はちぇりの体に顔を埋めて「ちぇりー!ちぇりー!!」と呼び戻すような叫び声しか出すことが出来ず。

これがちぇりの「最期の時」でした。

今思い返せば、
点滴の時間・・・、どうしてちぇりに私の笑顔を見せてあげられなかったのだろう。

どうしてあの時・・・、アパートで両隣さんを呼びに行く前に一度ちぇりに様子を確認しなかったのだろう。

どうしてあの時・・・、ちぇりの最期の時に落ち着いて向き合えなかったのだろう。

と、。。。そう思うと、胸が張り裂けそうな思いになります。



でも、「最期の時」「最期の場所」をちぇり自身が決めたのかなとも。
最期に、とてもお世話になった病院の先生や看護士さんに挨拶に行って、そして点滴のあの数十分はちぇりが私にくれたプレゼントではないか。
そして、最後の夜にちぇりちゃむとパパママで同じ部屋で寄り添って寝ることが出来たのもちぇりからのプレゼントではないか。
最期に、アパートへ引き寄せてくれたのもちぇりで、家まで帰ってると、最期の息も聞くことが出来なかったし、それに私一人で「最期の時」に向かわせる事がちぇりは心配だったから、アパートの両隣さんの所へ引き寄せてくれたのでは。

とも思います。


最期の最期まで、私はちぇりに助けられ、支えられ。

最期の最期まで、本当に本当に「カッコイイお兄ちゃん」でした。

ちぇりの存在は本当に本当に本当に大きくて。。。



今、ちぇりは沢山の沢山の花に囲まれています。
ありがとうございます!
ちぇり、ありがとう☆本当に本当にありがとう!!!!!

ちぇり、ありがとう。

本当に本当に本当にありがとう。

イッパイ、イッパイ、イッパイ泣いたら、ちぇりの大好きな笑顔に戻るからね。

本当に本当に本当に本当にありがとう☆ちぇり、大好きだよ!!!!!
8月7日午前10時半。

CHERRY永眠です。

落ち着きましたら詳しくお話できたらと思っています。

今週、ちぇりの病理検査の結果が出ました。

病名は「悪性神経鞘腫(あくせいしんけいしょうしゅ)」

抗がん剤治療も放射線治療も効果の出ない腫瘍だと分かりました。
そしてCT検査の段階で、手術も出来ないと。。。

今ちぇりにしてあげられるイチバンの事は、ちぇりが一日一日少しでも快適に過ごせるようにケアをし支えてあげる事です。

今のちぇりの様子は、腰のコブもみるみる大きくなりそして何箇所も。そのコブが皮膚を突き破って出血も続いています。その部分の皮膚の再生自体も難しいようで、出血はずっと続くそうです。

そしてそして・・・食欲もこの1週間でガクンと落ちて、今はフードはほとんど口にせず、もし口にしても数粒。
リンゴはなんとか口にしてくれる時も、8分の1弱を食べられたらいいほうです・・・

今はほとんど一日を寝て過ごしています。

少しでも動けたら前足の為にも身体の為にもいいようなのですが。。。



先週は、イッパイ泣きました。。。凹んで凹んで凹んで。。。いろんな事を考えて。。。クヨクヨして。。。

何も手につかず、笑顔も出せない日が続いて・・・

これじゃいけないと思いながらも、そう出来ない私・・・

でも、今週病名が分かり、少しずつ気持ちを切り替えています。

ちぇりの病気を受け止めて、ちぇりに今私が出来る事を精一杯精一杯していこうと思っています!

ちぇりが幸せだったと思えるように。。。家族でイッパイ笑顔でいようと!!!

まだまだ戸惑ったり、迷ったり、涙が溢れたりはありますが、私が今出来る事を笑顔で

ちぇり、頑張ってます。
颯がちぇりにぬいぐるみを枕にしてあげたり、竣はちぇりの寝てるそばで竣の大好きなオモチャを広げて遊んだりそして後ろでちぇりが枕にしてるぬいぐるみを狙ってるちゃむ(結局ちゃむにぬいぐるみを取られちゃったちぇり)こんな、なんでもないような出来事が、今は特に何にも変えられないかけがえのない出来事に感じます。

一日一日一瞬一瞬を大事に大事に・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。