HAPPY-CHERRY-BLOSSOM!!

GRのCHERRY(ちぇり)とFCRのBLOSSOM(ちゃむ)と息子の颯志(颯)の3兄弟のハチャメチャ成長ぶりを記した、ちぇりちゃむママ。(颯母。)のブログです~☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週、ちぇりの病理検査の結果が出ました。

病名は「悪性神経鞘腫(あくせいしんけいしょうしゅ)」

抗がん剤治療も放射線治療も効果の出ない腫瘍だと分かりました。
そしてCT検査の段階で、手術も出来ないと。。。

今ちぇりにしてあげられるイチバンの事は、ちぇりが一日一日少しでも快適に過ごせるようにケアをし支えてあげる事です。

今のちぇりの様子は、腰のコブもみるみる大きくなりそして何箇所も。そのコブが皮膚を突き破って出血も続いています。その部分の皮膚の再生自体も難しいようで、出血はずっと続くそうです。

そしてそして・・・食欲もこの1週間でガクンと落ちて、今はフードはほとんど口にせず、もし口にしても数粒。
リンゴはなんとか口にしてくれる時も、8分の1弱を食べられたらいいほうです・・・

今はほとんど一日を寝て過ごしています。

少しでも動けたら前足の為にも身体の為にもいいようなのですが。。。



先週は、イッパイ泣きました。。。凹んで凹んで凹んで。。。いろんな事を考えて。。。クヨクヨして。。。

何も手につかず、笑顔も出せない日が続いて・・・

これじゃいけないと思いながらも、そう出来ない私・・・

でも、今週病名が分かり、少しずつ気持ちを切り替えています。

ちぇりの病気を受け止めて、ちぇりに今私が出来る事を精一杯精一杯していこうと思っています!

ちぇりが幸せだったと思えるように。。。家族でイッパイ笑顔でいようと!!!

まだまだ戸惑ったり、迷ったり、涙が溢れたりはありますが、私が今出来る事を笑顔で

ちぇり、頑張ってます。
颯がちぇりにぬいぐるみを枕にしてあげたり、竣はちぇりの寝てるそばで竣の大好きなオモチャを広げて遊んだりそして後ろでちぇりが枕にしてるぬいぐるみを狙ってるちゃむ(結局ちゃむにぬいぐるみを取られちゃったちぇり)こんな、なんでもないような出来事が、今は特に何にも変えられないかけがえのない出来事に感じます。

一日一日一瞬一瞬を大事に大事に・・・
スポンサーサイト
15日、ちぇりの検査に行ってきました。

結果は・・・、ちぇりの状態は決していいとは言えない状態でした。

CTの検査の画像を見せてもらうと、ちぇりの身体にある、アル塊が腰の腫れ部分からどんどん広がり大きな塊となって、ちぇりの身体を蝕んでいってる様子が見てハッキリと分かりました。
ある部分では既に骨を溶かしている部分もあり、排泄を司っている神経部分にも入り込んでいて、現在の排泄障害の原因も分かりました。

今起きている腫れの一部分の出血もその塊がどんどん大きくなって皮膚を突き破っているのが原因でした。

そして、そのアル塊は腫瘍であることがほぼ確実で、そして良性ではないとの事。

その細胞自体の病理検査の結果はまた後日。

その病理検査の結果でこれからの方向も決まっていくのですが、CT画像の状態を見ても、手術を行なって腫瘍を全部取り除くことは不可能との事。そして、取り除ける部分だけ取り除く手術も無駄との事でした。大きくなり続ける腫瘍だからだと思います。

出来る治療法としては、その腫瘍が急激に大きくなり続けないようにコントロールしていく事。そして、病理検査の結果次第で、抗がん剤や放射線治療が効果が高い場合もあるとの事なので、まずは病理の結果次第。



ちぇりは今までどれだけ辛かったのだろう。そして今もどれだけ苦しんでいるのだろう。どんなに痛いのだろう。

過ぎた事を思ってもしょうがない・・・今と向き合って、ちぇりの為に私が今出来ることをやっていく事がイチバンなのに・・・、「どうしてもっと早く・・・もっともっと早く“やっぱりおかしい”と気づいてあげられなかったのだろう」と自分が悔しくて悔しくてたまらない。

どんどん涙が溢れてきてしまいます。きっとちぇりは家族みんなの笑顔を見ていたいはずなのに。。。
再びオムツ
ちぇり、再びオムツ生活です。
今回は下痢・・・ではなく、尻尾の付け根辺りの傷口が悪化して10円玉大の大きさで肉も見える状態で、出血が止まらず、オムツで出血部分を抑えている状態です。
出血が落ち着いて少しでも少しでも良くなりますように。

15日に受ける詳しい検査・・・早く検査を受けて原因が分かり治療に進みたいと思ってるのに、今日は無性に不安で不安でたまらなかった私。パパに、「ちぇりの方が、どれだけ不安か。自分たちは気丈でいないと!特にちぇりの前では。」と言われました。・・・分かってるんだけど・・・。
そんな私の不安な気持ちを、ちぇりに触れて、ちぇりの温もりを感じて落ち着かせようとしてた私です。

シッカリしなきゃ!!!ワタシ!!!!!



今日の我がコたち
玄関大好き
ちぇりは病院に行った以外はほぼコチラ・・・玄関前で一日を過ごしてました
玄関前、大好きなんですよね

ソファ大好き
ちゃむはこの格好ソファが好きしかも肘掛に前足を掛けてアゴを乗せてるこの格好がイチバン好きみたい

昨夜熱を出して、今朝も微熱がなかなかスッキリしなかった颯は今日は幼稚園お休み
でも、熱のわりには比較的元気で、休日みなたいな過ごし方で一日を家で送ってた颯竣
そして、お昼スギ・・・、マッタリ時間中に・・・
お兄ちゃんの横で狭いけど嬉しい
マッタリとTVでも見ようかと一緒に座って5分もしないうちにこの状態です
颯も「重たい~~~」と言いながらも嬉しそうこの後スグにお布団へ~
今日から、大きな病院で検査をしてもらう事にしました。原因が何かを知るために。そして“腫瘍”も視野に入れて。


























今日の画像は、昨日よりもインパクト大の画像なので、苦手な方はお控えくださいm(_ _)m

























迎えに行ったら、こんなんになってましたでも剃ってもらえて良かった。
ちぇりの皮膚の様子3

今日は、麻酔に耐えられる状態かどうかを調べるのも兼ねて「犬ドッグ」を受けました。

血液検査・レントゲン・心電図・エコー・・・今日の検査でもいろいろ見つかりましたが、麻酔は

次回(1週間後)CTを受けます。MRIはチョット迷い中。

1歩1歩です


ちぇりの介護は日常になり、そして左後ろ足の麻痺も以前より進んできているのを少し前から目に見えて感じられるようになってきましたが、下痢が落ち着いてからはしばらくユックリとした時間を送ることが出来ていて・・・

が・・・。

先週土日、少し食欲の無い様子のちぇり。完食はするのですが、やっとやっと食べているような・・・

そしてその後から、横になっている時に呼吸の荒い様子の事が時々。
排便障害もあるので、排便介助の時に肛門を触るといつもより熱くも感じ、それと同時くらいから肛門部分が腫れ。

腰部分の腫れも。

そして、6日(金)のお昼過ぎにちぇりが横になっているカーペットに血液を発見。
最初肛門からかと思ったのですが、肛門には出血した様子もなく、下半身部分を中心によく見ると、尻尾の付け根あたりに一円玉大の脱毛を発見。そしてソコから出血していることが判明。
出血場所が分かってから、他の部分も毛が抜けその部分から出血。
その周辺の毛をかき分けて皮膚の状態を見ると皮膚の色が赤黒く(黒に近い)。

急いで動物病院へ。

今年1月に腫れた腰部分の腫れも大きくなって、出血部分にはむくみも。

原因は、今の時点で組織を採取しようとすると、出血が止まりにくくなる可能性があるので、ますは抗生剤で今の状態を落ち着かせてから経過を見て病理検査をするか判断。なので、原因はまだ分からず。
・・・が、腫瘍の可能性もある症状とのこと。

そして、今日・・・

(ココからは写真画像が痛々しく、状態に驚かれるかもしれないので、苦手な方はお控えくださいm(_ _)m)

ちぇり、皮膚の様子1
ちぇり皮膚の様子2
2日間であっという間にこの状態です。
皮膚の壊死も見られます。

今は、抗生剤とそしてひたすら消毒・・・

ガンバってマス
ポタッポタッとまだまだ出血が続いています。

ちぇりの出血前から、異変に気づいていた様子のちゃむ、ここ数日、よくちぇりの身体や頭にニオイをクンクン嗅いでいました。
心配してマス
前足を肘掛に置いて熟睡中ですが、ちぇりの事を心配してるんです。

一つ一つ、初めての事ばかりで、まずは、動揺して→涙が溢れてきて→少し落ち着いて→また少し落ち着いて→今の状態を受け止めて→前向きに・・・の繰り返しです。

7月7日、七夕の我が家の願い事はヤッパリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。