HAPPY-CHERRY-BLOSSOM!!

GRのCHERRY(ちぇり)とFCRのBLOSSOM(ちゃむ)と息子の颯志(颯)の3兄弟のハチャメチャ成長ぶりを記した、ちぇりちゃむママ。(颯母。)のブログです~☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在のちぇりは、水は少ないながらも自力で飲んでくれて、薬はすりつぶしてペースト状にしてなんとか飲ませています。
その時に口の力はなんとも力強い

・・・でも、食事は全く口にせず、4日(土)には点滴をしてきました。
少しでもちぇりの身体が楽になれたらの点滴です。
先生には、「8月中に急変する可能性も」と告げられました。
日に日に弱っていく様子が目に見えて感じられます。

皮膚を突き破って出てきているコブも、一番大きいのは野球ボール大のサイズがボールの形でいうと半分程飛び出しています。出血もずっと続いている状態で本当に本当に痛々しいです。

でも、ちぇりは精一杯生きています!!!!!



今日、涼しくなってから以前4年間住んでいたお家の散歩コースだった道を家族で歩いてきました。
ちぇりは、キャリーカーのなかからも顔を上げて外の景色を眺めて気持ちのいい風を受けていました。
そして、ちゃむも大興奮家族みんな大好きな散歩コースです
大好きなお散歩コース1
大好きなお散歩コース2
大好きなお散歩コース3
ちぇりも気持ちいいかな
ちゃむも嬉しいね♪
颯ちぇりショット!
ヤッパリ家族揃ってのお散歩がイチバン



そして・・・、その日の夜に、颯にちぇりの「命」の事を伝えました。
母「ちぇりちゃんね、もう少しでお別れかも。お空に行っちゃうんだよ。」と。。。

伝えようかどうしようかずっと迷っていたのですが、ちぇりは「命」の大切さを命懸けで子ども達にも伝えてくれて、「命の授業」を命懸けで行なってくれてるようにすごくすごく感じたので、今颯に伝え、そして「その時」が来るまで、限りある命を理解しつつも家族で笑顔でいられるように。
酷な事かもしれませんが、今日伝えるべきじゃないかと感じました。
颯に伝える事で、もしかしたら私自身もちぇりの「命」の事を受け入れようとしていたのかもしれません。

ちぇりの病気は治らない事は理解していた颯も、ちぇりとの別れが訪れる事に対しては最初は理解ができなかった様子でしたが、ユックリユックリ話をすると少しずつ理解してきたようでした。

そして・・・目を真っ赤にした颯と涙がボロボロ出てる母は、

颯「お空にはどうやって行くの」

母「神様が迎えに来るんだよ」

颯「ちぇりが夜みんなが寝てる時に、お空に行っちゃったらどうするの?」

母「それはね、ちぇりと神様が決めるんだよ。でもね、お空に行ったらちぇりの病気は治ってまた元気にお空ではしれるんだよ」

颯「ぶーちゃん(ちゃむ)は?」

母「そうだね。ぶーちゃんもきっと淋しいよね」

颯「神様が病気を治してくれるんだね。病気が治ったらちぇり“お家に帰りたい”って帰ってくるかもよ」

母「そうだね。ちぇりの姿は見えないけど、こっそり帰ってきてくれるかもね」

颯「夢の中に来てくれるよ!それに雲がちぇりの形になって、ちぇりと会えるよ!」

そして、
颯「神様これでちぇりの病気がどこか分かるかな?」
と、ちぇりの絵を描いて病気の部分を赤色で印を付けて紙を見せてくれました。
そして、その髪には家族みんなが描かれていて、「またげんきになってね」と書いてありました。
お空に行く時にちぇりに渡すと。

その紙を見せてくれた颯の目は真っ赤で涙が今にも溢れそうで。
そして隠れて涙を流そうとしてる颯の姿を見て、ちぇりの「命」の事をシッカリと理解できてる事を感じたと同時に、もう「男」だなと頼もしくも感じました。
私は颯の前でもボロボロだったのに。。。
颯の言葉に、颯の姿に勇気づけられた私でした。

そして、
母「ちぇりはみんなの笑顔が大好きだから、イッパイちぇりにみんなの笑顔見せてあげて、ちぇりと一緒に居られる時間、また一緒にお散歩行ったり、颯と竣の遊んでる姿イッパイ見てもらったり、ちぇりと楽しいことイッパイしようね」

と、イチバン涙を流してる私が颯に伝え、そして颯は「うん」と笑顔で答えてくれました。

その後、布団に入った颯は、ポロポロと涙を流して夢の中に。

きっと、ちぇりには泣いた顔を見せないように頑張っていたんだと感じました。
ボクが居るからね!


一日一日一瞬一瞬を宝物に過ごし、そしてちぇりの「命の授業」を家族で大切に受けていきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。